HOME>Topics>医療事務の重要性と意義について知っておきましょう

医療事務は病院になくてはならない

医師、看護師や他の医療スタッフに加え、医療事務は病院において重要な役割を担っている職種です。
医療事務の魅力や携わるために必要なスキルなどについて考えてみましょう。

医療事務の重要性と意義について知っておきましょう

医療事務に携わる意義とは何かその重要性に考えましょう

医療事務は、患者の受付から医療を受けて会計までの一連の診察をスムーズに行えるようにする重要な仕事です。さらに専門性の高いレセプト作成を確実に行い、間違いなく医療費を請求する必要があります。医療事務も医療に携わるスタッフの一員であり、このサポートがあってこそ診療が円滑に行われるといっても過言ではありません。縁の下の力持ちとしての役割である医療事務は、社会的に意義のある仕事です。

医療事務のどこにやりがいを感じるか・魅力ポイントは何か

専門性が高く全国どこでも働くことができる、人から感謝されるなどやりがいを感じる点が魅力です。また年齢に関係なく従事できる上、子育てをしながら勤務が可能ですので他の職種に比べて女性がライフスタイルを確立しやすいのもメリットです。

医療事務の職に就くために必要な資格や技能にはどんなものがあるか

コミュニケーション能力が大切

医療スタッフ同士の円滑な連携のために、一般のコミュニケーションスキルが必要であることに加えて、患者に安心感を持ってもらったり分かりやすく伝える等ワンランク上のスキルが必要なります。

最低限のパソコンスキルが必要

レセプトの作成をするために専用ソフトを使いこなす必要があります。カルテ入力の代行作業や伝票作成など最低限必要なパソコンスキルが求められます。スマホ主体でパソコンに不慣れですと困りますので注意しましょう。

スケジュールの管理能力が必要

自分がすべき業務など各種スケジュールをしっかりと管理して遂行できる能力が必要となります。状況に応じて効率的にタスクをこなす臨機応変さも求められます。

作業を正確に素早く行う能力

複数のタスクが同時進行する場合も少なくなく、正確に素早く遂行する能力が求められます。レセプト作成など責任ある業務を確実にこなす高度な正確性が必要なります。