人気の医療事務とはどんなものか

医療事務は、診療を受けるために来院した患者さんに対して受付業務を行います。カルテ準備、面会対応などの他、診察後のカルテ内容に従って診療報酬を計算するレセプト(診療報酬明細書)の作成が主な業務です。この他に医師事務作業補助者としての医療クラークや、医療秘書業務なども医療事務の業務内容とされています。

医療事務の業務内容や利点を知ろう

病院の顔となる日々の受付業務

診察に訪れる患者さんに応対し、診察券の発行や保険証の受け取り、カルテの準備や診察案内を行います。患者さんが来院して初めて接するのが受付であり、安心して診察を受けられるように丁寧に対応することが求められます。受付業務は、病院のイメージに直結しますので重要な業務であると言えます。

カルテの準備・情報の入力など

受付時に診察をスムースに行えるように、診察券や診療科に応じて必要なカルテの準備を行います。患者に関する業務管理の一環として行うカルテ管理や、診療記録への代行入力も医療事務の一部として行う場合があります。専門業務に分化したり、小規模の医療機関では全てを一人で対応する場合もあります。

保険証の預かりと確認作業が重要

診察に訪れた患者さんの診察券の発行、預かりの他に月に一回程度は保険証の内容に変更がないか確認をしなければなりません。健康保険から医療機関に正しく医療費が支払われるようにするため、診療費の請求の際に患者の保険加入証明となる情報の確認が医療事務の重要な業務の一つとなっています。

診療報酬明細書(レセプト)の作成

診察後にカルテの情報を健康保険の点数に置き換えて、診療費を請求できるようにレセプト(診療報酬明細書)を作成します。レセプトは医療機関が、7割負担の健康保険機関と3割負担の患者に医療費を請求するために必要な書類です。専門性が高く医療事務として責任がある業務の一つです。

会計(領収書、処方箋の受け渡し)

診察が終わったら患者さんへ医療費の支払い請求を行い領収書を発行する会計処理を行います。預かった診察券や保険証を返却し、同時に処方箋を手渡すことが多いので各人に本人であることを確かます。また近くの薬局を案内したり処方箋の有効期限を伝えるなど丁寧な対応も大切です。

医療事務の仕事内容・医療事務の利点とは何か知ろう

医療事務の良い点・おすすめポイントとは何か知っておきましょう

医療現場に携わり人の役に立つことができる職種として、医師や看護師以外に医療事務があります。重要な業務の一つが診察に従って診療費を請求するために、健康保険の点数に置き換える業務がレセプト(診療報酬明細書)の作成です。さらに医療クラークや医療秘書も大切な業務です。診察に訪れる患者さんに接する、言わば病院の顔であり人から感謝される機会も多いでしょう。また全国に求人があるため働きやすいのも利点です。